若手アンケート

前田 日向子

ヤマトグローバルエキスプレス株式会社

前田 日向子 Hinako Maeda
2012年入社
  1. どんな学生生活を送っていましたか?

    大学時代、国際交流サークルに所属し、留学生との交流は勿論、渉外担当として留学生が日本でより良い経験ができるようなイベントを企画・運営していました。

  2. ヤマトグループへの入社の決め手になったことは?

    元々、物流系の会社を志望しており、中でもヤマトグローバルエキスプレスは型にはまっていないフレキシブルさを業務からも社員からも感じました。また、会社で実現していきたい夢を、学生の自分に対して、目を輝かせて話して下さった社員の方が多くいたことも決め手の一つでした。

  3. 現在担当の仕事のやりがいは?

    営業戦略担当として、日々の売上数値の管理や増収増益につながる戦略策定、販売促進のための営業キャンペーンを企画・運営しています。自分が企画した施策に対して、お客様と第一線で接する営業所の社員が真剣に取り組み、良い結果を残してくれた時にやりがいを感じます。

  4. 入社後、最も印象深い出来事は?

    3年前にグローバル事業戦略担当として商品設計や営業推進に携わっていた頃、「ヤマトが国際物流もできる」ということがなかなかお客様に浸透していない実情がありました。それから2年後、香港で開催された食品関連の展示会にヤマトグループが出展し、自分も現地にスタッフとして参加する機会がありました。現地のお客様や日系企業のお客様とお話する中で、国際領域におけるヤマトの認知度が少しずつ高まってきていることを実感し、自分もそれに少しでも携わることができ嬉しく思いました。

  5. 今後、挑戦してみたいことは?

    今所属する営業戦略担当で、増収増益につながる戦略や商品設計の見直しなどにもっと大きな視野をもって取り組みたいと考えています。そのためには、ヤマトが持つネットワークや財務関係の知識を養う必要があると感じております。

  6. ヤマトグループのダントツ凄いと思うところは?

    自社でまかないきれない領域でも、グループ会社と連携するだけでなく、他社ともお互いの強みを融合させることで、新たなビジネスを構築できる点がヤマトグループの凄いところだと思います。

  7. あなたの会社のダントツ凄いor好きと思うところは?

    スピード・コスト・品質といったお客様のご要望に合わせて、輸送モデルをカスタマイズし最善の提案ができる点です。また、昨日までの自分より少しでも成長しようという前向きな社員が多くいる点も魅力的です。

  8. あなたの誰にも負けないダントツ得意なことは?

    人見知りをしないところです。元々人と話すことは好きでしたが、営業を経験した際、初対面のお客様にできる限り心を開いてお話していただけるよう意識しながら取り組んでいました。

  9. 学生のみなさんに就活応援メッセージ

    社会人になると、1日の約半分の時間を仕事に捧げる生活になります。就職活動時代の一瞬の気の迷いや諦めで将来の可能性ある道を閉ざさないよう、自分に合った会社を見つけて下さい。当社には、仕事に納得いくまで真剣に向き合う社員が多いですが、それも「お客様のため」を一番に考えているからだと自負しております。皆さんも何か使命をもって取り組めるような仕事に就いて、輝いて下さい。応援しています。

他の先輩を見る