若手アンケート

高橋 龍一

ヤマトフィナンシャル株式会社

高橋 龍一 Ryuichi Takahashi
2016年入社
  1. どんな学生生活を送っていましたか?

    学生時代、学業はほどほどで、ずっと野球をやっていました。また大学時代にはベンチャー企業の立ち上げを経験し、仕事をすることやお金を稼ぐことの意味を体感しました。当初そのベンチャー企業に就職する予定でしたが、自分のやるべきことを見つめなおしてヤマトフィナンシャルに就職しました。

  2. ヤマトグループへの入社の決め手になったことは?

    ヤマトグループの中でも入社時から責任ある仕事を任せてもらえる環境にあったから。

  3. 現在担当の仕事のやりがいは?

    営業です。通販事業者様に必要不可欠なバックヤード業務(決済・配送・倉庫等)の、お困りごとを聞いて解決策をご提案する仕事です。ヤリガイはお客様の売上にコミットできるところです。自分の提案内容によってお客様の売上が向上することもあるので、二人三脚で仕事を進めていく感覚があります。

  4. 入社後、最も印象深い出来事は?

    先輩方との出来事です。私は自分の意見をストレートに言ってしまう方なので、人によっては生意気と受け取られることがあります。会社によっては「何か嫌な奴だな」と思われ、敬遠されたり、頭ごなしに叱られたりするのが一般的かもしれません。しかし私の先輩方は「それを聞いて他の人がどう思うかしっかり考えてから発言した方が良い」というメッセージと、私の生意気な意見に対して建設的な意見を言ってくれます。本当の意味で後輩社員のことを考えてくれる先輩方がいることがとても印象に残っています。

  5. 今後、挑戦してみたいことは?

    ヤマトグループのサービスをもっと知ることです。お客様にどのようなメリットがあるのかはもちろんのこと、それを成り立たせている人はどこの誰なのか、どうしてそれをやることになったのか、何が課題で何を目指しているのか等です。ヤマトフィナンシャルはもちろんのこと、グループ会社の方々のそれも少しでも多く吸収したいです。

  6. ヤマトグループのダントツ凄いと思うところは?

    ヤマトグループは多種多様な人々によって支えられています。それはもう一つの国なのではと思えるくらいのスケールだと思います。しかしそれだけ色々な人がいるなかで、「悪い人だな」と感じる人が一人もいません。みんな良い人です。ふわっとした言い方ですが、それが企業カルチャーなのだと思います。

  7. あなたの会社のダントツ凄いor好きと思うところは?

    ヤマトフィナンシャルを取り巻く環境です。ヤマトグループの中で最も世の中の流れに適合しなくては生きていけない企業だと思います。だからこそ若いうちから責任のある仕事を任せてもらえますし、意見も必要とされます。現に私達の仕事の仕方も日々変化しています。その中で絶対的な代引というサービスを持っていることはやはり凄いです。私はこの環境が好きです。

  8. あなたの誰にも負けないダントツ得意なことは?

    何の為に今この仕事をやっているのか、目指すところはどこでどう繋がっていくのか、志が明確であることです。よって場当たり的な感情に左右されず、常に前向きで建設的な行動ができる自信があります。仕事のスキル等はこれから付けていきたいです。

  9. 学生のみなさんに就活応援メッセージ

    たくさんの企業を見てください。そして自分の感情を一番大切にしてください。理由は自分が企業選びにおいて大切だと思うポイントは、大方感情のレベルまで落としこまれているからです。そして良いなと感じたら、どうしてだろうと考えて、ゆっくり丁寧に言葉で分析することで納得のいく就職活動ができるのではないかと思います。

    もしみなさんがヤマトフィナンシャルに入社するなら、今度は私が先輩方のように、本当の意味で皆さんの成長をサポートし、一緒に切磋琢磨していきたいと思います。

他の先輩を見る