若手アンケート

渡邉 慧

ヤマトグローバルエキスプレス株式会社

渡邉 慧 Kei Watanabe
2016年入社
  1. どんな学生生活を送っていましたか?

    学生時代は野球一筋で日常生活も野球中心の生活で、朝起きて練習、学校に行って授業が終わったら、またグラウンドへ行き夜まで練習するような毎日でした。また選手としてだけでなく学生コーチや実際のリーグ戦に審判として出場するなど、様々な役割で野球に取り組んだ学生生活でした。

  2. ヤマトグループへの入社の決め手になったことは?

    物流の会社に入りたいと思って就職活動をしていましたが、宅急便を展開しているヤマトグループが自分の日常生活の中で一番身近な物流会社であったことと、会社説明会や面接を重ねるごとにヤマトの人の良さに魅かれると同時に、能力よりも自分がどんな人間であるかを判断してもらえた点が入社の決め手になりました。

  3. 現在担当の仕事のやりがいは?

    営業所で法人のお客様からの問い合わせ対応や営業活動をしています。営業所はお客様と接する最前線ということもあり、実際にお客様とのお話の中で、お客様の今考えていることや困っていることが直接把握できます。ヒアリングした内容に対して自分が考えた提案がお客様に受け入れられた瞬間は、担当者としてとても嬉しいですし、やりがいを感じます。

  4. 入社後、最も印象深い出来事は?

    初めて配属された営業所では年齢の近い先輩社員が様々な業務を教えてくれました。その中でも営業に関しては先輩がどんなに忙しくても、常にマンツーマンで同行・指導してくださったことがとても印象に残っています。その後別の営業所へ異動になり、一人で営業に行くようになりましたが、教えてもらったこと1つ1つを実践して新規の荷主様を獲得できたときは、とても自信になりました。

  5. 今後、挑戦してみたいことは?

    以前所属していた営業所の担当エリアには、出版・印刷・広告関連の比較的規模の小さなオフィスが多かったのですが、現在所属する営業所は、物流倉庫や卸売市場が点在するエリアに位置しているので、大量発送のあるような大口荷主様への渉外活動に挑戦したいと考えています。

  6. ヤマトグループのダントツ凄いと思うところは?

    お客様と直接お話している中で「ヤマトさんだから」と案件を頂くことが多くあり、その度にお客様から信頼されていることを感じると同時に、「ヤマト」のネームバリューの重みを感じます。

  7. あなたの会社のダントツ凄いor好きと思うところは?

    9時指定配達や夜遅い時間の集荷、宅急便では規格外の荷物の取扱、個人情報輸送サービスなど、法人のお客様の要望に対して「何でもできる」ことが、数ある物流会社の中でもオンリーワンといえる点です。またトラック輸送だけでなく、飛行機や時には新幹線など様々な輸送手段を駆使することで、お客様の想像を超えるような輸送を提案できるのも魅力です。

  8. あなたの誰にも負けないダントツ得意なことは?

    自分で決めたことを継続する力、集中力。

  9. 学生のみなさんに就活応援メッセージ

    就職活動はこれからの人生を大きく左右する分岐点になるので悩むこともあると思いますが、後悔がないようにやりきってください。また自分の芯をもって行動すれば、必ず良い方向に進んでいけます。「物流で世の中を変えたい!」そんな漠然とした大きな目標でも実現できるのがヤマトグローバルエキスプレスだと思います。少しでも物流に興味があれば説明会に来てください。物流に対して各々、芯を持った社員でお待ちしています。一緒に働ける日を楽しみにしています。

他の先輩を見る