YAMATO FINANCIAL
YAMATO FINANCIAL

佐多 志郎

2009年入社
ヤマトフィナンシャル株式会社
営業戦略部 チーフマネージャー

学生時代からファッションアイテムを通販で購入するのが好きで、それら関連業界に的を絞った就活を展開。ヤマトグループの安定感のもと、広く通販業界に働きかけられることを魅力に感じ、当社の門を叩いた。料理が趣味で、学生時代は居酒屋でのアルバイトで厨房に立っていたことがあるほど。現在も休日はイタリアン中心に腕を振るう。

ヤマト=通販事業のワンストップ支援の代名詞になるよう
グループ連携の核として多彩な決済サービスを提案!

目指すは、通販ビジネスのすべてを任される存在。

当社は、ヤマトグループ各社と連携したサービス開発力を強みに、グループにおけるFinancial Technology=金融・決済機能の要として様々な事業者様へ決済サービスを提供しています。

例えばお客様の支払いを便利にする決済サービスとして、玄関先でのお支払いの際にクレジットカードや電子マネーの利用を可能にしたり、払込票を使ったコンビニ決済やインターネット上での決済サービスを導入したりと、次々と決済の手段とシーンを拡大してきました。ちなみに電子マネーに関しては、2010年には業界他社に先駆けて「Edy」「nanaco」「WAON」などの流通系、2011年には「Suica」「PASMO」など交通系も使用可能となり、国内で使われるほぼ全ての電子マネーをカバーしています。音楽系の大規模フェスなどのイベントを中心に、複数の電子マネーが使える端末を提供するサービスも順調に成長しています。

image

決済サービスは目に見えない商品です。でも、決済サービスの提供によってもたらされる利便性は着実に私たちの生活を変えてきています。そうした利便性をカタチにすることを追求してきた私たちは、今後も決済・金融の視点からお客様のニーズを追いかけ、これまで育んできたサービス提供のノウハウや営業力で新しい分野にもチャレンジし続けていきます。目指すのは、ECを含めた通販ビジネスモデル全体をワンストップで支援する、サポーター的な存在です。

グループシナジーを発現させワンストップ対応で勝負。

現在、本社の営業戦略部で大口顧客の営業担当を務めています。主に通販事業で月商1,000万円以上のお客様をターゲットに、私たちの決済サービスのご利用を提案していく営業活動ですね。部内の営業担当一人当たり全国で数十件の案件に関与し、多い時では地方出張も月1~2回はこなします。

image

実は、ヤマトグループ内でもかなり難しい営業かもしれません。そもそも決済サービス自体は競合他社と明確な差異をつけにくい仕組みだからです。そこで、「決済だけでなく通販の仕組み全体をカバーできるワンストップサービス」というヤマトグループのシナジーが活きてきます。例えば、お客様のECサイトのリニューアルとかシステムの見直しといったタイミングを掴んで提案し、売上向上のためにWebデザインや使いやすさ、機能などをもっと消費者目線にフィットしたものに変えませんか、といったコンサルティング領域から仕掛け、それらを得意とするグループ会社と連携して営業を展開します。また、もしお客様とシステム連携の話になったら、別のグループ会社と動いてお客様に納得いただけるプランを企画する。ひとつの案件につき、10回以上は提案を繰り返しますね。私の抱えている案件は、半年~1年くらいかけてじっくりご提案していくものが多いような気がします。

加えて、導入後の運用サポート面でメリットを享受していただくことにも注力します。商談はもちろんお問い合わせなどは、基本的にすべて対面対応。リモートやメール・電話だけではなく、必ず回答をお持ちして会ってご説明する。その際、別のお困り事やお悩み事をヒアリングして、次回、その回答をまたお持ちする。そして、また…とPDCAを回し続け、「配送も決済もECのことならヤマトさんに任せれば安心だ」と実感していただくわけです。

お客様の事業成長を牽引する第一人者に。

当たり前ですが、お客様からお褒めの言葉を直接いただけるのが、一番のやり甲斐ですね。あと、自分たちの分析や施策がうまく機能し、お客様の売上が上がった時は、営業冥利に尽きます。だからこそ、普段からお客様の要望や困っていることを、ちゃんと聞き出すようにして、そこにレスポンスよく対応することを心掛けています。

入社4年目から今のような営業に取り組み始めたのですが、いろいろな業種業態のお客様や連携するグループ会社の担当スタッフと接していく中で、決済を軸にECの仕組みや新技術など少しずつ知見が積み重なってきたように感じます。お客様へ提案する際の「引き出し」が増え、自分自身の成長を実感できていますね。

会社に関しては、規模がそれほど大きくないため非常にアットホームな雰囲気で、ほぼ全員の顔と名前が一致する安心感もあり、自分には合っています。2年目にクロネコメンバーズの戦略を練る部署のメンバーとしてヤマト運輸に常駐し、社外から自社を眺めた時にもそう感じました。

これらの良さを存分に活用しながら、通販、ECの分野で第一人者になるのが目標です。多様化するサービスや事業形態、消費者ニーズに後れをとることなく、そして決済のコストや利便性拡充だけに留まるのではなく、お客様の事業成長に大きく寄与できるような存在感を発揮したいです。そのために、まずは目の前の仕事で成果を出すことを実践し続けていきたいですね。

image
1日の仕事の流れ
1日の仕事の流れ

仕事別INDEX

下記のボタンをクリックすると、対象の仕事が表示されます。