YAMATO HOME CONVENIENCE
YAMATO HOME CONVENIENCE

河地 亮佑

2012年入社
ヤマトホームコンビニエンス株式会社
オペレーション戦略部 品質担当

学生時代はサークルでフットサル、そして神奈川県大和市の社会人2部リーグでサッカーに打ち込む日々。並行して4年間、ヤマト運輸でアルバイトも経験。現場の働きやすさと人の良さ・風通しの良さを体感し、合説へ参加。お客様に最も近い“イエナカ”サービスに魅力を感じ、ヤマトホームコンビニエンスを選ぶ。

お客様に最も近い存在という利点を活かし
現場の改善からサービスの品質向上を狙う。

暮らしや職場の困った!に踏み込んで解決するのが仕事。

私たちヤマトホームコンビニエンスは、引越や大物家具家電の配送・設置を中心に事業を展開しています。さらに近年ではお部屋の整理など生活支援サービスや、ハウスクリーニングサービスも提供し引越時や配送時だけでなく、日々お客様の生活をご支援しています。

そ例えば、一般のお客様向けのホームコンビニエンス事業では、おかたづけサービス、引越、家財宅急便など、便利で快適な暮らしをお手伝い。さらに、法人向けのビジネスコンビニエンス事業では、全国ネットワークを活かした商材・大型什器の輸送から、OA機器やネットワークなど専門的な技術が必要なセッティングまで幅広くサポート。さらにテクニカルネットワーク事業という新機軸で、太陽光発電など住宅用・業務用設備のメーカー支援といったサービスラインナップも拡充し、多彩なシーンでお客様の不便を便利に変えています。

image

いずれもヤマトグループ内で最もお客様に近く、対面でのコミュニケーションが重要となるサービスばかり。ご自宅にしてもオフィスにしても、お客様の玄関先や受付でお届けした荷物を手渡すところから一歩踏み込んだ、生活空間や職場でのサービス提供になります。ヤマトグループがこれまで培った大きな“信頼”を糧に、暮らしやオフィスで「困った!」ことの解決役となれる仕事は、醍醐味も大きいですね。

生涯生活や法人の支援サービスの質向上に向けて。

「新しい街へ。新しい毎日へ。」をスローガンに暮らしやオフィスの便利を追及する中、私はオペレーション戦略部に籍を置き、上記サービスの品質改善に向けた施策づくりをはじめ、お客様満足度の向上につながることは何でも試みています。

image

最近でも、荷物を運ぶお客様のご自宅や集合住宅につきものの階段での運搬を、よりスムーズにするために施策を立案。現場ごとに段数やステップの幅が異なる階段の養生は手間がかかるという現場の声も聞き入れ、その打開策として発泡ボードという資材を名古屋の支店で試験運用しました。その結果、作業時間の短縮やミスの抑止など劇的な改善効果を導くことに成功し、今後は全国展開に向けて施策内容を詰めています。
そういう細かいことの見直しを積み重ねて、現場のスタッフたちが少しでも効率的になるようなシステムやオペレーションを確立していくことで当社全体のサービスが向上し、それがお客様の満足につながる。そう信じて仕事に取り組んでいます。

また、業務改善を通じて新たなお客様のニーズを満たせるよう、自分で考えた事業やサービスを直接社長にプレゼンテーションできる職場にも、大きな魅力を感じています。経営視点からの意見やアドバイスに触れることができ、いつも勉強させてもらっているな、と実感しています。

何にでも挑める柔軟な職場だからこそ、やり甲斐がある。

まだまだ経験も浅いですが、だからこそ「知れば知るほど仕事が楽しくなる」という日々を送っています。その喜びや成長の実感を、社員全員が感じられる環境にしていきたい。そうすれば、自然とサービスレベルももっと上げられると思っています。今の品質改善の仕事と、その前にいた人材教育センターでの仕事と、両方を経験したこともあり、特にその想いは強いですね。

若いうちからいろんなことに挑戦させてもらえ、それに対して責任を持たせてもらえる。そんな特徴がある当社の風土を活かし、例えば専任トレーナーを配置する支店完結型の教育体制づくりなどにも挑んでいきたい。また、大型商業施設がない山間部や離島などの過疎地を中心に、中古の家電や家具などリユース品を格安で出張販売する「クロネコキャラバン」のように、現場の社員の気付きや発想をもとに新サービスや商品をどんどん開発する柔軟さも併せ持っています。自分の発案が採用され、業界スタンダードになり、社会インフラを担っていくといった大きなチャンスが誰にでもある職場と言えます。そんな環境で自分ならではの存在感を発揮できる地力を、いち早く養いたいですね。

image
1日の仕事の流れ
1日の仕事の流れ

仕事別INDEX

下記のボタンをクリックすると、対象の仕事が表示されます。