人材育成

自立性と自発性の発揮を重視し、
自らの判断で積極的に行動する人材を育成します。

社員全員が、会社の代表として仕事に取り組むことを重視するヤマトグループでは、個人の能力を思う存分発揮できる人事・教育制度を用意しています。そしてヤマトグループの教育制度の最大の特徴は、自ら手をあげることからはじまるという点です。

「自らのキャリアは、自らが切り拓く」ヤマトグループはそのような社員をサポートする仕組みを整えており、主体性を発揮できる風土が根付いています。

あなたの主体性が鍵を握る

入社前研修からフォローアップ研修(入社1~3年目)までは基礎固めを行い、
その後は、自らの意思で立候補してキャリアアップを目指す教育研修制度です。

成長を支える教育サポート

  • ジュニアリーダーコース

    ヤマトグループにおける将来の経営者人材の育成を目的としたネクストリーダープランの一環として、若手社員を対象に経営リテラシーの基礎の習得を目的としたジュニアリーダーコースを実施しております。

  • グループ内ジョブローテーション

    グループ連携意識の高い人材を育成し、事業推進や事業創出を牽引する人材の継続的な輩出に繋げることを目的として、グループ内ジョブローテーションを実施しています。社員を入社時の所属会社から異なる事業会社に転属することで、グループ各社が持つ強みを知り、その経営資源を組み合わせ、ソリューション提案が出来るような人材の育成を図ります。

  • 業務役職・経営役職候補者養成研修

    将来の役職者として相応しい人材を選抜し、役職者としての人格、見識、素養を習得するための研修を実施しております。役職者への登用では、立候補制度を設け、グループ各社で多くの意欲ある役職者を生み出しています。

  • グローバル理念研修

    各国現地法人ナショナルスタッフの内、ヤマトグループの社訓について詳しく知らないミドルマネージ層を対象に、ヤマトグループの精神を「理解」し、現地社員へ「伝える」役目を担う社員を育成する研修を実施しております。また、日本国内の若手社員を同席させることで、国内社員へも改めてヤマトグループの精神を振り返る機会を設けると共に、国内社員のグローバルマインドを醸成しています。

  • デジタルテクノロジーカレッジ

    外部環境のデジタル化やイノベーションへの対応、業務の効率化を推進し経営基盤を強化するため、最新のテクノロジーに対する知見を持ちビジネスに活かすことのできるデジタルイノベーターを育成しています。