若手社員座談会TABLE DISCUSSION

ヤマトマネージメントサービスは会計と人事のスペシャリストが集まるクールな集団?いいえ、自らの成長を目指しながらも他人を思いやるやさしい仲間たちです。
では、若手社員を中心に入社理由や当社らしさ、
取り組み中の働き方改革など、ざっくばらんに語ってもらいましょう。

THEME-1
なぜ、ヤマトグループを選んだの?

神田:年次が一番上の僕が進行しますね。まずみんなに聞きたいのが、なぜこの会社を、ヤマトグループを選んだのか? じゃあ、江口くんからお願いします。

江口:そうですね。社訓を大事にしていると説明会で聞いたからですね。

神田:ヤマトは我なり、というヤマトグループの社訓?

江口:はい。ちょうど世の中的に不正会計が問題になっていた時期で、創業の志が100年も継承されている会社なら、間違いないはずだと。経理職を志望していたので、そういう会社がいいと思ったんです。



萩原:私は社訓、ちゃんと見ていなかったな(笑)。ですけど、私も数字に関わる事務職がやりたいと思って。高校が商業で簿記3級を取ったんです。それと誰もが知っているヤマトグループだし、先輩社員のお話から雰囲気が良さそうだなって。

神田:みんなやさしいからね。

萩原:印象的だったのは配属当初、緊張していた私に、みなさんがとてもやさしく声をかけてくれて。

石澤:それ、あります。私は商業高校から入ったので会社で一番年下で、すごく緊張していたんですけど、同期も本当にやさしくて、年齢差を感じさせないように接してくれました。

神田:うちの会社らしいね。石澤さんがうちを選んだ理由は?

石澤:やっぱり、学んだ簿記や会計の知識を生かせる職に就きたかったのと、会社見学のときに入社1年目からヤマトグループの大切な数字を預かって責任ある仕事をしているって話を聞いて、ここで働きたいなと思ったのがきっかけですね。神田さんは?

神田:率直に言うと、デカくて潰れないだろうと(笑)。僕の就活が震災の後でね。ヤマトグループって人々を支えるインフラになっていて、縁の下の力持ちとして社会に貢献しているなって感じたんだよね。会計業務をやりたいという気持ちもあって、グループの会計や人事を一手に担う、うちを選んだ。縁の下の力持ちを支えて、社会貢献がしたかった。

江口:なるほど。でも神田さん、法学部ですよね。なぜ会計を?

神田:文系なんだけど数学が好きで、大学でも経理研究所に入っていたんだ。監査六法とかも履修していて、会計や監査の力をつけたかった。うちのみんなも数字が好きで強いよね。

石澤:だと思います。私も簿記2級持っていますし、江口くんも。

江口:大学で2級を。

萩原:人事も給与計算で数字は扱います。

神田:数字が好きというのは、やっぱりうちらしさなんだろうね。

THEME-2
会社は、どんな雰囲気?

神田:うちの会社は創業してまだ15年だから、若い人が多く、若々しい雰囲気があるけど、みんなはどう感じている?

江口:毎年、後輩が入ってきて、最近はもっと若くなってきたかも。フレッシュな感じ。

神田:僕も歳を取った(笑)。

石澤:神田さん、まだ29歳じゃないですか(笑)。

萩原:まだまだ若いです。あと、人事と会計の雰囲気もちょっと違いますよね。人事は相談しながら仕事をすることが多いので、割と賑やかだと感じているけど、会計は静かな印象があるな。

石澤:そんなことないよ。たぶん集中しているときを見たからかも。誰か一人が口を開くと、みんなワッと喋り出す(笑)。ね、江口くん。

江口:そうですね。たまたま静かなときを見たのかな? 僕は逆に給料日に近い日に人事に電話をしたときに、すごく忙しそうで、「あ、やばい。繁忙日だった」ということもありましたよ。

神田:尖ってた?

萩原:それはないですよ。もちろん繁忙期は集中してますけど、尖ってないです(笑)。

石澤:(笑)尖ってはないよね。萩原さんとは同じグループ会社を担当していて、よくやり取りするよね。

萩原:よく電話で。繁忙時期が会計と人事は違いますからね。人事は月の中旬から下旬。

石澤:会計は月末月初。

江口:お互い一番忙しい姿を見たときの印象ですね(笑)。神田さんの経営管理部は、また違いますよね。

神田:うちは年齢の近い人が多いこともあって、比較的ワイワイ賑やかに見えるかも。もちろん決算時や取締役会に向けた資料作成のときはみんな集中しているけどね。いろんな部署の人と関わるから大変だけど、そこが面白いところでもあるかな。

石澤:神田さんのお仕事って、うちの経営側ですよね。

神田:うん、経営側だけど、いわゆる経営参謀役だね。

萩原:それって、どういう仕事なんですか?

神田:簡単にいうと、ヤマトマネージメントサービスのみんながやっていることが、会社のビジョンに沿って進んでいるかを確認して、将来に向けて何をしていくのか、社長や部長と議論をして、具体的な施策に落として実行していく役割だね。

石澤:すごいですね。

萩原:20代で、それができるなんて、かっこいい。

神田:いやいや、うちはそういう機会をみんなに与えてくれるから。

石澤:そうですよね。任せてくれるから、成長できますよね。私も入社4年目でグループ会社の財務部との対応も一人でできるようになってきたと思います。 神田さんに比べれば、まだまだですけどね。

神田:そんなことない。石澤さんだって、まだ22歳でしょ(笑)。

萩原:そうですよ。うちの会社って、仕事そのものが勉強だと思うんですよね。成長したい人にはとてもいい環境だと思うんです。私も給与の次は社会保険の勉強ですね。

江口:僕の仕事も日本全国から集まった数字から世の中で起こっている事象が読み取れることがすごく面白くて。それに担当業務の改善も自らどんどん提案できるし。

石澤:たしかに。自分の意見が発信できる場所が本当に多い会社だなって、すごく思う。

神田:そういった働きやすさや、働きがいを感じてもらうためにも僕のいる経営管理部があるんだ。じゃあ、みんなに働きやすさを感じているか、次のテーマで確認しようか。

THEME-3
働きやすさ、感じてる?

神田:働き方改革として、みんなで話し合いながら労働時間の削減やオフィスにコミュニケーションスペースをつくったり、いろんな制度を導入してきたけど、もっとこうしてほしいとか、みんなどう思っているのかな?

石澤:私は今でも十分満足してます。遅めに出勤できる時差BIZ出勤とか、15:00で退社できるマイプレミアムデーとか。仕事の繁閑に合わせて調整すれば、休みたいときに休めるし、早く帰りたいときは帰れる。自分の働くペースが掴めれば、すごく働きやすいと思いますね。江口くんはどう?


江口:早く終わったら遠慮なく18:00前に帰れます。入社時と比べるとすごく働きやすくなったなと思います。

神田:僕の入社時も正直、帰りづらい雰囲気はまだあった。でも、いまは早く帰ろうよっていう雰囲気に変わった。みんなの中でメリハリをちゃんとしようという腹落ちができたんだね。おかげで新人のみんなも気にせずに帰れるようになった。

萩原:私は配属されたときから先輩たちが「早く帰りな、帰りな」って言ってくださっていたので、最初から早く帰ろうという意識ですね。本当に遅くなるのは繁忙期くらい。繁忙期でも遅くなったときは、上長と相談して次の日は時差出勤に調整できます。

石澤:マネージャーが労務管理をしっかりしてくれるから。困ったら気軽に相談できるし。

江口:要望があるとしたら、僕の場合は業務ローテーションですかね。いま一番大きな会社を担当しているので、チームで業務分担しているのですけど、今度は一人で会計処理から決算までできる規模の会社を担当して一連の流れを身につけたいですね。

神田:キャリアパスだよね。どういう経験をしてスキルを身につけていくか。いままさにそこはモデルを構築中なんだ。

萩原:神田さん、私のオフィスの休憩スペースももうちょっとおしゃれにしてほしいです。

神田:そこも、そうだよね。まだまだやるべきところはあるね。でも、こういうふうにみんなで率直な意見が出せて、話し合えるし、社長にも直接伝えられるしね。

萩原:社長からは、私のいるオフィスにいらしたときにお菓子をいただいたことがあります(笑)。

石澤:ランチを一緒に食べに行くこともありますよね。

神田:社長はすごくやさしいし、誰に対してもフレンドリーだから。

江口:普段からオフィス内でも気軽に声をかけてくださるし、僕がいる野球部の飲み会にも参加してくださって。石澤さんもマネージャーで一緒にいましたよね。

石澤:うん。社長も、日程が合えば部長も参加してくれるよね。うちは社長だけでなく、経営層がいつもそばにいるから、本当に話しかけやすい。やさしい人が多いと思う。

江口:わからないことはちゃんと教えてくれますよね。助けてくれる人が近くにいるって、すごく心強いですよね。

石澤:中でも江口くんは特にやさしいから。

江口:いや、そんなでも。

一同:(笑)

神田:話を聞いていると、うちはお互いに思いやれる、やさしい仲間が集まっているスペシャリスト集団なんだよね。そんな仲間がもっとイキイキ働けるような組織へもっともっと改革していかなきゃだね。

一同:うん。

江口:そうしましょう!